和歌山市・岩出市のクリクラ販売店【クリクラ紀泉】|宅配水のクリクラ|サーバーレンタル料無料

HOME > クリクラの特徴 > おいしい

クリクラの特徴

逆浸透膜でお水を徹底的にピュアに

クリクラのお水は、NASAやオリンピック選手村などで採用されている浄水技術である逆浸透膜(RO膜)システムを使用し、お水をナノレベルまできれいにしています。一般の浄水器では取り除けない1000万分の1mmの不純物まで徹底ろ過するので、純粋でクリアな水になります。不純物が含まれない、味も臭いもまったくないピュアな水なので、おいしさが違います。常温でもおいしく飲んでいただけるお水です。

クリクラのお水には、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムがバランスよく配合されています。

ROフィルターで徹底的にろ過したクリアなお水に、体に必要な4種類のミネラル成分を加えることで、口あたりまろやかなやさしい美味しさのクリクラの水となります。

また、クリクラは健康の維持促進に好ましい(各種ミネラルがそれぞれ体内で有用な作用を発揮する)とされるミネラルバランスのひとつ「カルシウム:マグネシウム=2:1」の比率でミネラル成分が調整されています。

RO膜の説明

お水の硬度とは?-硬水と軟水―

お水に含まれるミネラル成分(カルシウムとマグネシウム)の濃度を表すのが硬度です。ミネラルが少ない水は、硬度が低い軟水、多い水を硬度が高い硬水といいます。一般的には硬度100までを軟水、硬度100以上を硬水と呼びます。

軟水と硬水

軟水は苦味がなくさわやかな飲み口が特徴で、日本のおいしい水は、この軟水に分類されます。

飲み物や料理に使うと、素材本来の味と香りが引き立ち、特に水が決め手となる日本茶や和食には、欠かせない水です。赤ちゃんのミルクにも安心して使用できます。

硬水はミネラル成分をたくさん含み、ヨーロッパの多くの国や中国などは硬水です。軟水を飲みなれた日本人にとっては、苦味を感じたり、のど越しが硬く感じて、なじまないと言われています。 硬水のメリットは、体に大切なカルシウムやマグネシウムを補給できることで、スポーツ後の水分補給にも向いています。赤ちゃん用の粉ミルクには、おすすめできません。もともと栄養バランスが調整されている粉ミルクに硬水を用いると、カルシウムやマグネシウムが多くなりすぎ、体に負担をかける恐れがあるからです。

クリクラのお水は日本人の口によく合う硬度30の軟水、赤ちゃんのミルクにも安心してお使いいただけます。

入会受付中!今すぐ入会案内・申込書を請求する